靴

>>>>>>>> 「生命のメッセージ展」の足跡 2007 <<<<<<<<

in 大阪南港ATC
in 大阪南港ATC
2007年7月14日(土)〜17日(火)
大阪南港ATCITM棟2F特設会場にて開催

■主催
生命のメッセージ展
「生命のメッセージ展 in 大阪南港 ATC」実行委員会
■共催
ABCこども未来プロジェクト
アジア太平洋トレードセンター
in 丸の内
in 丸の内
2007年7月21日(土)〜22日(日)
東京都千代田区丸の内2-1-1
丸の内マイプラザ3階
マイプラザホール
■主催
生命のメッセージ展
映画「0(ゼロ)からの風」製作上映委員会
■協力
明治安田生命保険相互会社
in 鶴ヶ島
in 埼玉・鶴ヶ島
2007年9月7日(金)〜10日(日)
埼玉県鶴ヶ島市 鶴ヶ島市富士見公民館にて開催

■主催
生命のメッセージ展
■後援
埼玉県、埼玉県教育委員会、鶴ヶ島市、鶴ヶ島市教育委員会、鶴ヶ島市議会交通安全推進議員連盟、鶴ヶ島市社会福祉協議会、坂戸市、坂戸市教育委員会、東松山市、東松山市教育委員会、埼玉犯罪被害者支援センター
■協賛
川越地区保護司会鶴ヶ島支部、行政書士会西入間支部、坂戸ガス、埼玉西部経済同友会、埼玉パイロットクラブ、坂戸鶴ヶ島医師会、私立幼稚園協議会鶴ヶ島支部、生活クラブ生協鶴ヶ島支部、鶴ヶ島学童保育の会、鶴ヶ島市交通安全推進協議会、鶴ヶ島市交通安全母の会、鶴ヶ島市交通指導員連絡会、鶴ヶ島市子ども会育成会連絡協議会、鶴ヶ島市青少年健全育成連絡協議会、鶴ヶ島市PTA連合会、鶴ヶ島市ロータリークラブ、西入間青年会議所、西入間地区防犯協会
■協力
アート引越センター、展示サークル「アイ」、手話サークル「折鶴会」、富士見公民館利用者の会、富士見太鼓連、フラワーアレジメント ピュア、わかばコールハーモニック、「0(ゼロ)からの風」製作上映実行委員会

■埼玉県知事 上田清司様よりいただいた言葉
 わたしたちは、誰もが明るい未来に向かって夢と希望を抱き、日々、平穏に暮らしていく権利を有しています。尊い生命を奪う権利は誰にもありません。生命はかけがえのない宝であり、犯罪や交通事故のない安心で安全な社会の実現は、わたしたち県民のすべての願いです。
 しかしながら、依然として尊い生命を奪う凶悪な犯罪や、理不尽な交通事故が後を絶ちません。埼玉県では、県民の力を結集しながら県民が安心して安全に生活できる埼玉づくりを進めています。
 犯罪や交通事故で最愛の家族の生命を奪われた遺族の方々の悲しみ、そして突然にも生命を奪われた被害者の方々の無念は、わたしたちの心を強く揺さぶります。是非、多くの皆さんに「生命のメッセージ展」にご来場いただき、オブジェに込められた被害者や遺族の方々の思いを感じ、改めて生命の重さ、尊さについて考えていただきたいと思います。

■鶴ヶ島市長 藤縄善朗様よりいただいた言葉
 いじめや殺人事件、交通事故など、さまざまな事件や事故で尊い生命を失った方たちやそのご遺族たちのことを思うと、旨が詰まる思いです。ご本人たちは、どんなにか生きたかったことでしょう。また、ご本人もご家族の方も、どんなにか無念だったことでしょう。このメッセージ展は、ともすると生命が軽んじられているこの社会への警告でもあります。
 私も多くの関係者とともに、生命が大事にされ、心豊かに生きられるまちづくりをしていきたいと、改めて心に誓ったところです。
 埼玉ではじめての本格的なメッセージ展が、この鶴ヶ島市で行われることは大変に意義深いものと思っております。子どもたちを含め、一人でも多くの方に見ていただき、メッセンジャーたちの声を感じ取っていただければ幸いです。

in 前原
in まえばる
2007年10月5日(金)〜8日(月・祝日)
福岡県前原市立前原小学校体育館にて開催

詳細は下記「生命のメッセージ展 in まえばる」(ブログ)をご覧下さい。 http://plaza.rakuten.co.jp/inmaebaru

■主催
生命のメッセージ展
「生命のメッセージ展 in まえばる」実行委員会
■共催
前原市
■後援
福岡県、志摩町、二丈町、福岡県教育委員会、志摩町教育委員会、二丈町教育委員会、前原市教育委員会、前原市商工会、JA糸島、読売新聞西部本社、朝日新聞西部本社、毎日新聞西部本社、RKB毎日放送(株)、西日本新聞社、糸島新聞社
in 滋賀
in 滋賀 2007
2007年11月16日(金)〜18日(日)
滋賀県立男女共同参画センターG-NET しが 大ホールにて開催

詳細は下記「生命のメッセージ展 in 滋賀」HPをご覧下さい。 http://www.eonet.ne.jp/~inochim2007/

■主催
生命のメッセージ展
「生命のメッセージ展 in 滋賀 2007」実行委員会
■後援
滋賀県、滋賀県教育委員会、滋賀県警察本部、滋賀犯罪被害者支援連絡協議会、財団法人 滋賀県交通安全協会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会、東近江市、東近江市教育委員会、竜王町、竜王町教育委員会、安土町、安土町教育委員会、滋賀県PTA連絡協議会、滋賀県公立高等学校PTA連合会、学校法人 近江兄弟社学園、滋賀報知新聞社、毎日新聞大津支局、中国新聞社、読売新聞大阪本社、朝日大津総局、京都新聞滋賀本社、産経新聞社、NHK大津放送局、BBCびわ放送、KBS京都
■協力
TAV交通死被害者の会、全国交通事故遺族の会、社会福祉法人 滋賀県聴覚障害者福祉協会、聖泉大学、生活協同組合コープしが、アート引越センター、「0(ゼロ)からの風」製作上映実行委員会

■滋賀県知事 嘉田由紀子様よりいただいた言葉
 凶悪な犯罪や悪質な交通事故によって、ある日突然に最愛の家族を失われた方々の悲しみ、無念さはあまりにも大きく、想像を絶するものだと思います。
 犯罪被害者の方々の思いを少しでも理解、共有しようと努力し、二度と同じような悲劇を起こさないと誓いながら、犯罪等のない安全な社会づくりを進めていくことは大変重要なことであり、私たちに課せられた使命ではないでしょうか。
 この「生命のメッセージ展」には、理不尽にその尊い生命が奪われた方々やご遺族の方々のさまざまな思いがこめられています。ぜひ、多くの方にご覧いただき、生命の尊さと重さを改めて感じ、安全で安心して暮らせる社会の大切さについて考えていただきたいと思います。

■近江八幡市長 富士谷英正様よりいただいた言葉
 ある日突然、愛する家族が事故や犯罪で帰らぬ人となる・・・普通ならば考えられない、いや、考えたくないことです。  しかし現実には、その「普通」が普通でなくなることが今の世の中で数多くおきています。
 人の生命を奪うことに、ましてや生命を奪われることに正当な理由などあるはずがありません。安全・安心という言葉が使われるようになって久しいですが、たった一つしかない生命を大切なものとして慈しみ尊ぶことこそ、犯罪や事故をなくし、安全・安心な社会の実現につながるのではないでしょうか。
 本市で開催される「生命のメッセージ展」を、より多くの人々にご覧になっていただき、被害者そして遺された家族の方々の心情に思いを馳せ、生命の尊さを共に考えませんか。

in 早稲田
in 早稲田大学 2007
2007年12月4日(火)〜9日(日)
早稲田大学新学生会館にて開催

詳細は下記「生命のメッセージ展 in 早稲田」公式HPをご覧下さい。
http://inochi-waseda.main.jp/

■主催
生命のメッセージ展
「生命のメッセージ展 in 早稲田大学2007」実行委員会


トップ2006年

トップへ戻る
office@inochi-message.com

カウンタ